阪急中道踏切の安全対策で西部土木と交渉

 西院の中道踏切の安全対策で住民のみなさん、山田こうじ右京区市政対策委員長とともに西部土木事務所と現地で交渉しました。電車待ちの場所が狭く危険なため、道路の変更で場所を確保しガードレールを設置するよう求めました。西部土木事務所長は、「要望について検討する」と約束しました。